JR・近鉄奈良駅から15分 大釜で豪快に揚げるカツは絶品

国産野菜にこだわる!

国産野菜にこだわる!

 

今日もブログ見てくれてありがとうございますぜよ~

 

まろかつの金子です(^.^)

 

きょうは国産野菜にこだわるです

今国産野菜がめっちゃ高いです

 

 

キャベツ350円以上

サニーレタス400円以上

レタス500円以上

考えられない値段になっています。

 

 

こんな時は安い中国産の野菜を使うお店が増えますが、まるかつは国産にこだわっています

 

 

なぜか?

中国産は怖いからです‼

 

 

農薬の検査項目が世界で一番少ない!


2010年のデータでは中国は世界で一番農薬の使用量が多い国となっています。しかし、農薬の量が多いのに、農薬の安全性や効果などを検査する項目が一番少ないのです。

 

例えば日本で農薬と認められるには、体への害や環境、効果など厳しいチェックを繰り返すのですが、中国ではこの検査が最もザルだということです。

 

また、中国は広大な土地がありますが、あまりにも広すぎてすべての畑を調べるのが非常に困難。

 

この結果どうなるのか?というと、、、

  • 「冷凍ギョーザ」に有機リン系の殺虫剤のメタミドホスとジクロルボス
  • 「小豆」からジクロルボス。摂取すれば、下痢、吐き気をもよおし、最悪の場合、死に至る
  • 「ナッツ類(くるみ)」などに含まれていた「アフラトキシン」。ダイオキシンをしのぐほど発がん性が非常に高いカビ毒で、微量を摂取しただけで、肝臓がんを発症する恐れ
  • 「セロリ」などから出たクロルピリホスは微量でも中毒症状が出て、大量に摂取すると呼吸困難を起こして死ぬケースも
  • 「さやえんどう」からは、殺虫剤のシぺルメトリンが検出
  • 「いんげん」からジクロルボスが6,900ppm検出。多量に摂取すると、吐き気、下痢、嘔吐、縮瞳、視野狭窄、意識低下などの神経系症状が現れる可能性があり、大量摂取の場合は死に至ることも

 

 

これは一例ですが、農薬チェックも甘いですし、畑を完全に把握することができないので、悪質な農家などが基準値を超える農薬を使用することが行われているのです。

 

 

安心、安全してお客様に食べて貰えないものは出さない!

まるかつには中国人のスタッフが居てます

その人が『中国産の物は怖くて食べない』って!

笑ってしまいました(笑)

 

まるかつのスタッフはまかないでバクバク食べます

 

なぜか?

 

それは働いているスタッフがあんしん、安全で美味しいと知っているから!

 

これ!

1番間違いないですよね

働いているスタッフが何を使っている!

どんな調理をしているを知っているから(^.^)

 

今までのトンカツに満足できないあなたへ

安全、安心も売っているまるかつへ

ぜひ足を運んで見て下さい(^.^)

 

 

 

 

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>